Fandom


Home > 戦闘ガイド
Fh centurion-media

この項目では戦闘に関する基本操作を解説していく。

ガード編集

ロックオフ/ロック編集

L2/LT/左Ctrlを押すと敵をロックすることができる。ロックすることで、視点を固定して常に敵の方向を向くことができる。ロック時はガードが可能になり、ヒーローごとに設定された専用戦術(例:ウォーデンのタックル、剣聖の上強キャンセル攻撃)を繰り出すことができる。

ロックオフ時は自由に動くことができる代わりにガードができず、スタンスの切り替えも不可。

回避編集

ロックオフ時に✕/A/スペースキーを押すと回転回避ができる。回避判定は長いが隙が大きく、スタミナ消費もキツイ。敵に囲まれた時の離脱や投石機などの戦技を回避する際には必須のアクションとなっている。しかしウォーデンのようなヒーローに対し何も考えず離脱しようとすると、前ステ攻撃で狩られることも。敵の動きをよく見極めよう。

ロックオン時に左スティック/WASDを任意の方向に入力しながら回避ボタンを押すことで、素早くステップが可能。方向を指定せずに回避ボタンを押すと後ろに回避する。攻撃を避けるのに便利だが、回避中は崩し抜けが不可能になる。

いずれの回避も回避不能特性を持つ攻撃を避けることはできない。

ガード崩し編集

□/X/マウスホイールクリックで相手のガードを崩すことができる。また、敵にガード崩しを使われた際に素早く崩しボタンを押すことで崩し抜けが可能。前述の回避に対し一方的に掴むことができるため、崩しは回避に強いと覚えておこう。

この崩しからはほとんどのキャラが横強(まれに上強)を確定させることができる。弱しか確定しないヒーロー もいるが……また、ピースキーパー などの一部のキャラはこの崩しからしか行えない特殊なムーブを持つ。

投げ編集

ガード崩しが成功した際にもう一度崩しボタンを押すと敵を投げることができる。柵や崖、罠の近くで敵を倒したい時などに有効。また、壁に敵をぶつけるとよろめき、大きな攻撃のチャンスが生まれる。

パリー編集

敵の攻撃が当たる直前に強攻撃ボタンを押すことでパリーができる。弱攻撃をパリーすると強攻撃の時よりも隙が大きくなる。パリーが成功すると相手のスタミナを大きく削ることができ、スタミナがない相手をパリーするとバランスを崩し転倒させられる。

全てのヒーローは強攻撃パリィに成功すると弱攻撃を確実に当てることができる。一部のヒーロー、主にカウンター型と銘打たれたヒーローはパリィから派生する特殊な攻撃を持つ。

スタミナ編集

体力ゲージの下に表示される緑色のゲージがスタミナゲージで、行動を起こすことでスタミナが減少する。スタミナは攻撃を止めることで回復可能。

スタミナ減少を起こす行動編集

  • 回転回避 - スタミナ減少(大)
  • 攻撃 - スタミナ減少(少)
  • 範囲攻撃 - スタミナ減少(大)
  • 攻撃が外れる - スタミナ減少(中)
  • ブロックされる - スタミナ減少(中)
  • パリーされる - スタミナ減少(特大)

スタミナ切れ編集

スタミナゲージがなくなると以下のような行動制限がかかる。

  • ダッシュと回転回避不可。
  • 攻撃スピードの著しい低下。
  • チェーン不可。
  • スペシャルムーブ不可。
  • 強攻撃のキャンセル(フェイント)不可。
  • 投げ/パリーされた場合に転倒する。

強攻撃のキャンセル編集

強攻撃発動後に素早くキャンセルボタン(◯/B/マウスホイール)を押すことでキャンセルが可能。キャンセルを使いこなすことで、強攻撃すると見せかけ相手のパリーを引き出し、時間差で攻撃するなどといった攻撃に幅が持てるようになる。※コンカラーのみ不可能

一般的な使い方として、強キャンセル弱攻撃、強キャンセル崩しなどがある。

剣聖ピースキーパー などのキャラは、強攻撃後にキャンセルボタンを押すことなく別の行動に移ることができる。通称ソフトキャンセル。このソフトキャンセルは、スムーズかつ素早く次の行動に移れる、通常のキャンセルに比べスタミナ消費が少ないといった利点を持つ。

実は強攻撃の出始めには崩しを受け付ける時間があり、このタイミングで崩しを出されてしまうと崩し抜けが行えない。そのため強攻撃が中断された上で崩しを受けてしまう。この時間は強攻撃をキャンセルボタンでキャンセルすると更に伸びてしまうことを、頭の片隅に置いておこう。

ガード不能攻撃編集

自分も敵も様子見だったり引け腰だったりすると、戦況が膠着してしまうことは少なくない。そんな時に戦況を変える力を持つのがガー不技 と呼ばれる技たちである。最も代表的なものはウォーデンコンカラー のタックル。誰もが一度はタックルだけで粉砕されたことはあるだろう。しかしこれらのガード不能攻撃はデメリットをしっかりと持っている。

体術によるガード不能攻撃編集

体術によるガード不能攻撃で最も代表的なものは、やはりウォーデンやコンカラーのタックル。誰もが一度はタックルだけで粉砕されたことはあるだろう。しかしこれらのガード不能攻撃はデメリットをしっかりと持っている。例えばウォーデンのタックルは回避に成功すると崩しが確定する。コンカラーのタックルは回避しても崩しは確定しないが、その分失敗しても受けるダメージは13ダメージだけ、など。

当然ながらこのガード不能攻撃は自分が使うこともできる技であり、その場でガードするだけの敵を否が応でも動かすことができるタックルなどは正しく状況を変えるための一手である。 ガード不能攻撃の特性やどんなムーブから続けて繰り出してくるのかはヒーローによって違いがあるため、自分の苦手な動きをしてくるヒーローのページを見たりトレーニングモードで練習してみよう。

武器によるガード不能攻撃編集

余談気味な取り扱いだが武器による攻撃でのガード不能技も存在し、剣聖の三段目上強やレイダーフューリーは最たるもの。これらは状況を変えるためというよりは必殺技と言った方が正しい。威力も40以上が当たり前のように設定されている。プレイヤーはこの必殺技を敵に食らわせるために、前述のタックルなどを織り交ぜながら戦っていく。

こちらもヒーローによって差がある部分。三段目までチェーンを続行しないとガード不能攻撃にできない剣聖 と範囲攻撃ガード不能攻撃のレイダー 、果てにはスタミナがある限り初段からガード不能攻撃を振り回してくる脳筋ハイランダー などヒーローごとの個性が強くでる。自分の苦手な(以下略

ガード不能攻撃の特徴や対処方法などはこちら を参照。

反撃編集

反撃は反撃メーターと反撃状態という2つのサブシステムで構成される。

反撃メーター編集

戦技の下に表示されている黄色のゲージ。ガードモード時に以下の行動を取ることで反撃メーターが増える。

  • 攻撃を受ける。
  • ブロックする。
  • パリーする。
  • 攻撃を回避する。

囲まれた状況ではより速く反撃メーターが上昇する。

反撃状態編集

反撃ゲージが溜まった状態で△/Yボタンを押すと反撃状態に入る。反撃状態では以下のようなボーナスが付与される。

  • 全ての攻撃の威力上昇。
  • 体力の代わりにダメージを受け止めるシールド。
  • 全ての攻撃が阻止不能になる。これにより、複数の敵に攻撃されている時に「マヒ状態が解けない」状況を避け られる。
  • 投げとパリーで敵を転倒させられる。
  • 敵が攻撃中でも崩しを成功させられる。これにより、敵の攻撃をキャンセルしやすくなり、投げをつなげて敵をノックダ ウンできる。
  • 上記の強化に加えて、発動時のタイミングシステムが有効になり、この発動アニメーション中に攻撃してくる 敵をノックダウンできる。

エクセキューション編集

敵を強攻撃で倒したとき直後に□or△ボタンを押すと追い打ちでエクスキューション(とどめ)を発動することができる。

  • エクセキュートすると体力の一部が回復する
  • エクセキュートされるとリスポーンペナルティが科せられる。
  • エクセキュートされると蘇生が不可能になる。

関連項目編集

ヒーロー一覧
ナイト ウォーデン - ピースキーパー - コンカラー - ロウブリンガー - センチュリオン - 剣闘士 - ブラックプリオール
剣聖 - 大蛇 - 守護鬼 - 野武士 - - 荒武者 - 人斬り
ヴァイキング レイダー - バーサーカー - ウォーロード - ヴァルキリー - シャーマン - ハイランダー - ヨルムンガンド
武林 天地 - 女侠 - 将軍 - 少林
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。